スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
2010 / 11 / 14 ( Sun )


「にきび」は毛穴(毛包)がホルモンと細菌と皮脂の相互作用によって炎症を起こします。

従って、「にきび」は皮脂を分泌する毛穴が詰まるところから始まるのです。

詰まった毛穴の中に乾いた皮脂や角質(死んだ細胞)がたまり、この状態が「黒にきび」(毛穴が開いて中身が見えている状態)

または、「白にきび」(毛穴が閉じている状態)と呼ばれるものがあります。

「にきび」の直し方としては、病院に行って、きちんとした薬を処方してもらうか、自分での対処の仕方は、生活習慣の乱れを見直すという事から始めます。

睡眠は、とても「にきび」と深い関係があり、寝ている間に肌の再生が行われているからです。

病院で「にきび」を直す治療法としては、「塗り薬」と、「飲み薬」があります。

「にきび」の治療薬には抗生物質などの殺菌効果のある「塗り薬」を使用します。

角質溶解の効果のあるものや炎症を抑える薬も治療薬です。

「にきび」の原因となっているアクネ菌を殺菌し治療します。

「飲み薬」では、抗生物質が多く、「にきび」の原因となっているアクネ菌の繁殖や炎症を抑える薬が多く処方されます。

「飲み薬」の副作用として、吐き気や頭痛、フワフワ感などを感じる人もいます。

抗生物質は、体質があわない場合、アレルギー反応を示す場合がありますので、長い間使用する場合は、きちんと

指示されたように処方するようにしましょう。

また、「にきび」跡の処理には、レーザー治療をすると綺麗になおります。



スポンサーサイト
11 : 07 : 26 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。